早漏かどうか悩む男性

どれくらいからが早漏というのかの判断はとても難しいですが、自分で早漏ではないかと感じることがあるならば早漏であろうと思います。心当たりのある方は改善させましょう。

最新の早漏改善法はあくまでも一時的な対応

早漏の改善というと、今まではいろんな製品がありました。代表的な製品は性行為の前に男性器に製品を付けて刺激を弱めるタイプのものです。ゼリー状やクリーム、またはスプレータイプのものがあります。性行為の前になりますので、一旦パートナーと離れてから処理をして、性行為に向かう使い方になりますので、ムードが壊れてしまうこともあります。また女性が触れてしまうと、女性も一時的に感度が麻痺することがありますので注意が必要です。最新のそれらの製品は効果が出始めたら洗い落としてから性行為に挑むことも可能ですが、そのケースでもムードを壊してしまう恐れがありますので、慎重な対応が求められます。

最新の早漏改善方法というと、脳内から改善する方法が一般的です。ダポキセチンが配合された医薬品で、脳内の興奮を抑えることで射精スピードをコントロールすることが可能です。射精はノルアドレナリンによって起きることから、それを抑えるセロトニンを増やすことで改善を図ることができます。最新改善法と言われるだけあり、効果は射精スピードが3倍も長くなったと報告されている画期的な医薬品になっています。ただひとつだけ知っておかないといけません。従来の早漏改善方法から、最新の医薬品はあくまでも一時的な対応に過ぎません。根本的な早漏の改善までには至らないことを理解しておくことが必要です。

根本的に早漏を改善するとなると、刺激に強くなる以外に道はありません。数多くのセックスを体験し、またひとりでするときにも工夫をして取り組むことで早漏が改善する可能性があります。それでも魅力的なパートナーを目の前にしてしまうと、やはり暴発してしまうことがありますので難しい問題です。