早漏かどうか悩む男性

どれくらいからが早漏というのかの判断はとても難しいですが、自分で早漏ではないかと感じることがあるならば早漏であろうと思います。心当たりのある方は改善させましょう。

早漏強化合宿で逆行性射精障害?小説の様にはならない

小説で登場する人物が強化合宿をして、早漏対策トレーニングする場面がありますが、そのリスクとして起こりえるのが、逆行性射精障害です。
逆行性射精障害とは、精液が陰茎部の先端から射精されず、膀胱に流れ込む状態のことです。
早漏対策のために行うスクイーズ法のやり方に原因があります。
早漏対策強化合宿の主流であるスクイーズ法では、マスターベーションをして射精する寸前に亀頭とカリを抑えることで、射精を我慢します。
このトレーニングを1ヶ月~3ヶ月行うと早漏を抑制できるようになりますが、トレーニングを間違った方法で継続すると、逆行性射精障害になる場合があります。
逆行性射精障害になると射精がうまくできないため、放出される精子量が少なくなり、不妊になることがあります。
逆行性射精障害の面倒なところは、しっかりと射精した感があるにも関わらず、射精量が少なかったり射精していないことから、不妊の原因が男性であることに気づきにくい点です。
不妊対策としては、尿から排出される精子を採取して、体外受精するのが一般的です。
早漏対策で、スクイーズ法を使う方が多くなっていますが、このような逆行性射精障害というリスクが有りますので、力を加えすぎないのがポイントになります。
強化合宿しても、小説のようにうまくいくとは限らないので、早漏治療プリリジーを試してみてはどうでしょうか。
プリリジーは、世界初の服用する早漏治療薬なので、継続して利用できます。
1日1錠、1ヶ月~3ヶ月服用することで、70%~80%の方に効果を実感されており、射精までの時間が3倍以上までの延びます。
強化合宿では、陰茎部に対して無理な圧力を加えるのは禁物です。
できれば、市販薬のクリームやスプレーなどやプリリジーといった専門治療薬を利用することをおすすめします。