早漏かどうか悩む男性

どれくらいからが早漏というのかの判断はとても難しいですが、自分で早漏ではないかと感じることがあるならば早漏であろうと思います。心当たりのある方は改善させましょう。

早漏の改善

早漏を改善させたいと考えている男性も多いことでしょうが、これは決して不可能なことではありません。
早漏の原因に合わせた対処法を取ることによって、いくらでも改善をすることができます。

刺激に弱いというのであれば、自慰行為の仕方を変えることによって刺激に慣れることができ持続時間を長くすることができます。
有名な方法としてはスクイーズ法というのがあり、非常にシンプルな方法で誰でも直ぐにできるものとなっています。
これは射精をするまでペニスを刺激して、射精をしそうになったら亀頭を抑えて我慢するというのを繰り返すだけです。
射精ギリギリまで我慢をして刺激を止め射精をしないことを繰り返すことでペニスが、刺激に慣れることができるのです。
これは一人でもできますが、パートナーに刺激を与えてもらうとより効果的な方法となります。

肛門に五秒間ほど力を入れて、緩めるというのを繰り返すのも早漏の改善に役立つものでありこの辺りには射精をコントロールするPC筋と呼ばれる筋肉がありこれを鍛えることによって射精を我慢しやすくすることができます。
どこでも手軽にできる方法ですから、ちょっとした休憩時間にトレーニングをしてみるのも良いでしょう。

早漏の原因が精神的なものにあるという場合には、気にし過ぎないということも大切です。
特に性体験が少ない若い人などは性行為となると過度に興奮をしてしまって、早漏になってしまうということは多いので場数を踏んで行けば慣れると思って最初の内はあまり気にしないことです。
相手にもそのことを伝えて慣れるまで我慢をしてくれるようにお願いをすると、互いの関係を悪化させることなく早漏を改善させることができます。