早漏かどうか悩む男性

どれくらいからが早漏というのかの判断はとても難しいですが、自分で早漏ではないかと感じることがあるならば早漏であろうと思います。心当たりのある方は改善させましょう。

早漏の判断

早漏の判断というのは絶対的な基準はなく、本人あるいはパートナーの感じ方によって変わってきます。
基本となるのがパートナーの満足度であり、相手が挿入時間に満足をしていないのであれば早漏といっても良いでしょう。
一時間も二時間も挿入を続けているのに女性が満足しないというのであれば、女性側に問題があるといえますがそこまで極端なケースはまれですから多くの場合にはパートナーを基準として相手が満足してくれるかどうかで早漏かそうでないかが決まります。
極端な話、相手が挿入時間に満足しているのであれば一分程度であってもそれは早漏とはならないということになります。

次は本人の問題で相手は満足していても、本人がもう少し長く楽しみたいと考えるケースもないわけではありません。
これも結局のところ本人の気持ち次第ということになりますから、一時間持っても二時間持っても本人が短いと感じるのであればそれは早漏ということになってしまいます。
こればかりは気持ちの問題ですからどうすることもできませんが、性行為は相手を満足させることがまず大事ですからそれをすることができてなおかつ自らもしっかり射精をすることができるのであれば、あまり深く考え過ぎないほうが良いでしょう。
一回の持続時間が短いと思うのであれば、二回三回と回数をこなすことができるようにしたほうがずっと簡単だったりしますからそのような方法で早漏克服というのも悪いものではありません。

早漏の判断というのはこのように気持ちの面による部分が多いものですから、何分だと早くて何分だと遅いということにはならないのです。
この点をよく理解した上で早漏に悩んでいるのであれば、何かしらの対策を立ててみましょう。

▼早漏だけでなくED改善にも効果があるスーパーカマグラを是非お試しください
スーパーカマグラ